2011年度 新入生 父兄 招待の日 行事が 開かれ
去る 6日、 法科大学と グローバルサービス学部を 始まりに
 
‘2011年度 新入生父兄 招待の 日’の 行事が 開かれた。

今回の 行事は 新入生たちの 入学 後 の学校生活と

卒業 後 進路 など 父兄の 関心や不安を 解くために用意した席だった。

2011学年度 新入生 父兄 招待の 日’の 行事は、

6日から 15日まで 各学部別で
開催された。

学部別の 歓迎の挨拶、 学校 プログラム 案内が 進行さ

れ、学科別 懇談会へと続いた。


行事 初日の 6日 午後 3時に 法科大学 真理館での 模擬法廷は、 新入生たちに かける 教授陣たちの 期待に 応じるよう、 父兄たちの 熱情で いっぱい 満ちていた法学部 ゾングナムチォル 教授は 、“思う 力を 持った 創造的 人材育成の 目標 下に、 人文的 素養・ 創意的 専門知識・ グローバル リーダーシップ 利他的 熱情を 等しく 備えた 淑明の 人才を 育てること ための 実践を する。.”と 現在 私たち大学で 推進している「 ブルーリボン プロジェクト」を 紹介した.。


   


消費者経済学科の 新入生 父兄である 松 さんは、 “娘が どういった風に 未来設計するか知りたくて 行事に 参加したが、 在校生の ための プログラムが きちんと用意されている の ようだ。”と、 “1年生を 対象にした就業プログラムを 娘に 勧め たい。”と 言った。 行事に 参加した 教授たちは、 やはり 1:1 教授サポートで 細心を払って 在校生 指導を 約束する など、 今回の 行事は、 学校と父兄 間の有意義な 疎通の場となった。

14日に 進行された 社会科学学部 行事は、  ハンサングウンラウンジで 行われた。チェ 社会科学大学長は 、“教育 プログラム・ 学校 環境・ お子さんの 大学生活に関する 情報を 差し上げるための 席を 用意した。”と 学校運営に 反映されるよう 努力すると 伝えた。


学校 プログラム 案内に、 装学制度, 国際交流 プログラム, 就業プログラムが大きく 紹介された。
金対外協力所長は、 “私たち大学は、 海外 20か国 ・198か校と 姉妹提携している。”と、入学 後 海外研修ができるように 多様な プログラムを 支援する。.”と 明らかにした。
 就業経歴開発院 ハムウンソン 院長は、 私たち 大学が 体系的に 用意した 就業 プログラム 制度に ついて 説明し、 学生たちを 社会で 必要とされる 人才に 育てて行くという 抱負を 明らかにした。


学部別 行事が 終わった 後には、 進路別 相談と コミュニケーションのための 指導教授との 出会いが あった。 父兄たちは、 お子さん の教育方法に 関して 教授に 直接 伺う 機会を 持つ ことができた。

 

‘